肌再生法

緑と花と女性

生きていく上で多くの人が思春期を経験してきたと思います。感受性がより豊かになりそれが表に出て良かったり悪かったりと様々なことがあったはずです。その時に初めてニキビになった人も多いのでは。ニキビになったらワザと潰して中の膿を出して早く治そうとしたはずです。しかしそれが逆に治りを悪くしてしまい結果ニキビ跡になってしまう原因になってしまいます。ニキビ跡になってしまったら頑張って洗顔をゴシゴシしてしまうかもしれませんがそれではいけません。更に悪化してしまいます。そこでビタミンC配合の化粧品を使うことをおすすめします。何故ビタミンC配合の化粧品を使うかというとビタミンCには肌を再生を促す成分が含まれてその成分のおかげでターンオーバーがきちんとされていきニキビ跡にも効くからです。

ニキビ跡を治すためにビタミンC配合の化粧品を使うのは効果的がありですがそれだけではいけません。中からもきちんと肌の代謝を促していくことが大切です。毎日の食事で取り入れたいものとして、たんぱく質が豊富な青魚や大豆、ミネラルを含む海藻類、ビタミン類が入っている野菜などをおすすめします。しかし一気に色々な食材を取り込むことは難しいのでまずは偏らない食事を目指してください。食事に気を付けたら次は睡眠です。最近睡眠が短い人が増えています。時間がないから仕方ないと言い訳ばかりをしていてはニキビ跡は良くなりません。睡眠中に肌はもっとも活性化していると言われています。きれいな肌を作っているのです。そんな大事な時間を減らしてはいけません。睡眠時間を確保するために1日の行動を見直してみてはいかがでしょうか。このように外からだけでなく中からもケアしていくことで肌の代謝が促されニキビ跡を治していってくれます。諦めず日々努力してください。